お知らせ

【緊急】2018年7月からSSL化していないサイト「http://」は「保護されていません」と警告が表示されます!

少し前までは、WebサイトのSSL化が必要なのは個人情報を収集するようなフォームだけで構わないとされていましたが、時代は変わりました。

「常時SSL化しているWebサイトは検索順位で優遇される」という時期を経て、「常時SSL化していないWebサイトがペナルティを受ける」時代がやってこようとしています。

SSLとは?私は関係あるの?

あなたがもしホームページを持っている場合、ドメイン名の前に「http://」とでるか「https://」と出ているかでSSL認証を取得しているか、判断ができます。
httpsになっていない場合は、SSL化がお済みではありません。
このままだと、グーグルでの検索順位が落ちてしまい、Googlechromeで「保護されていません」と警告が表示されます!


このように「https://」だと緑色の鍵マークが出ていかにも安全そうです。


逆に「http://」だとびっくりマークが出て、クリックすると警告文が出ています。さらに2018年7月24日以降は常時警告文が表示される状態になるようです。

そもそもSSLって何?

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことができます。

SSLってお金がかかるの?

個人事業主や個人サイトであれば無料SSLでも問題ありません。

以下はロリポップのSSLの価格例です。

無料独自SLL・・・個人事業主や個人サイト (無料)
クイック認証SSL・・・個人事業主、中小企業(月額2000円〜)
企業認証SSL・・・中小企業(¥59,800/年〜)
EV SSL・・・大手企業・団体(¥128,000/年〜)

暗号化機能における差はほとんどない

高いのを買わないとデータが漏洩してしまうのかというとそんなことはないのでご安心ください。
有料の認証を買うということは、「信頼性の証明」になるのであって、より強力なセキュリティになるというわけではありません。
企業がISOマークを取得するのに似ているかなと思います。
私たちはちゃんと管理していますよというアピールができます。

 

こんなお悩みご相談ください

◆ホームページを作ったけれど反響がない
◆ホームページ担当が辞めてから何もできていない
◆自社でホームページを運用しているが運用に手間がかかっている
◆常時SSL化を行いたいけれども、どうすればよいかわからない
◆SEO対策をどうしてよいかわからない
◆SNSをどう活用すればよいかわからない
◆インターネットの広告を試してみたい

お問い合わせ

ホームページ制作・デザイン・広告作成ならお任せください。
お問い合わせ